未分類 恵比寿校

最終内申…!

こんにちは!

恵比寿校の西川です。

 

とうとう、冬がきましたね!

12月になり、街は次々とクリスマスの雰囲気に。

恵比寿校も負けじと、

少しずつ教室にクリスマス装飾を行っています。

 

 

さて、高校入試を控えた中学3年生にとって、

最も重要な最終内申が出始めています。

入試に使用する最後の成績の発表です。

ある意味、入試の一部です。

 

この結果により、

・私立の推薦(単願・併願)がもらえるかどうか。

・第1志望の高校が現実的かどうか。

この2つが最終決定します。

 

 

結果が出た当日、日が暮れる前に

 

「先生!俺やったよ!あがったよーー!」

 

と嬉しそうに飛び込んでくる生徒がいました。

 

私はその生徒を去年の春から見ていました。

中だるみしがちな中2の時期、部活も忙しい中、

出された宿題はかならずやってきました。

テスト前には必ず自習にきていました。

 

目標とする高校には、

まだまだ内申が届いていない・・・

 

それでも、ひたむきに努力する姿を私は見ながら、

きっといつか、結果になる・・・!

そう信じて指導を続けました。

彼も自分を信じて努力し続けてくれました。

 

そして、最後の最後で大幅にアップ

これまでの努力が実ったな、と本当に感動しました。

学校の先生も、その姿を認めてくれたのでしょう。

 

 

いま、恵比寿校の高校受験生は、

最終内申が分かった生徒から順に、

進路面談を行っています。

 

最終的な第1志望はどう定めるか

志望校に向けて、入試本番でどのくらいの点数を取る必要があるのか

 

それらについて、生徒さん1人1人と方向性を確認し、

学校の三者面談での決定も把握し、

(塾と学校とで方向性が全く異なると混乱してしまうので)

今後の指導方針を確定しています。

 

勝負の冬、ぐっと学力を伸ばすために、

精一杯サポートしていけたらと意気込んでいます!