未分類 恵比寿校

夢や目標を言語化する

こんにちは!恵比寿校の大田です😆

 

前回、ドラゴンボールワークを紹介しながら

「夢や目標の見つけ方」についてお話ししました。

 

今回は夢や目標が見つかった後の行動について

お話しします!

 

「〇〇になりたい!」「△△をしたい!」

という夢や目標が見つかったら、是非ともその夢や目標を

達成したい🙌ものです。

 

せっかく夢や目標が見つかったのに、それが「絵に描いた餅

になってしまってはもったいないですよね…😰

 

 

では、そうならないようにするためには

どうすれば良いのでしょうか👀

 

 

巷でよく言われているのが、

 

「夢や目標を細分化してやることを決める!」

「やみくもに頑張るのではなく、

夢や目標から逆算してやることを決める!」

 

ということです。

もちろんこれらも大切です!

夢や目標に向けて何かしら行動を起こさなければ、

その夢や目標は達成されませんからね🌟

 

ただ、これらのことに取り組むに必要なことがあります。

それは

 

「夢や目標を言語化すること」

 

です!

漠然としている夢や目標を言葉にすることで、その夢や目標が

より明確になり、目標達成に一歩近づくのです🙌

 

 

この「目標の言語化」を実行し、実際にその目標を達成した人物

のうちの一人に、ロンドンオリンピックのボクシングミドル級で

金メダル🌟を獲得した村田諒太選手がいます✨

 

 

オリンピック金メダリストのボクシング村田諒太選手。オリンピック・ボクシング競技で日本人としては48年ぶりの金メダルを獲得!

 

 

村田選手はオリンピックの前から自宅の冷蔵庫に

 

「オリンピックで金メダルを獲れました。

ありがとうございました。村田諒太」

 

と書いた紙を貼って日々の生活を送っていたそうです。

 

オリンピックで金メダルを取るという目標を言語化し、

毎日目にする場所に貼って意識する。

それだけでなく、あえて過去形で表現して

目標達成した自分をありありとイメージする。

 

もちろん日々の練習の積み重ねがあったことは

言うまでもないですが、

村田選手がオリンピックで金メダルを獲得できた背景には

「目標を言語化」することもあったのです!

 

 

 

この「目標の言語化」に関して、Freewill学習塾では

それを練習する場が設けています✏

 

具体的には、

 

授業ごとに目標達成ノートを記入して

その授業で達成したいことを言語化したり、

 

「次の定期試験では何点取りたい?」

といった講師の意図的な

問いかけにより次回のテストの目標を言語化したり、

 

「将来どんなことしたい?」

と面談の中で話したり、

 

子供たちが自分の目標や成し遂げたいことを

できるだけ具体的に表現できるようになるための

場作りを心がけています🍀

 

こちらが「目標達成ノート」です! ここに授業ごとの目標を記入していきます。

 

 

 

夢や目標がある!という方は、ぜひこの「夢や目標の言語化」を

試してみてください!

夢や目標の達成に、より近づきますよ〜👍✨

 

 

 

 

===
「友だち登録」でブログの更新情報や無料の理科実験教室などの
イベント情報をLINEで通知します!

友だち追加