世田谷校 Freewillブログ

先生に問題を出す生徒・・!?

こんにちは

世田谷校の井口です‼

 

 

 

今日は、先生(井口)が生徒に問題を出されてしまった話をしたいと思います!

当たり前ですが、塾では先生が与えた問題を生徒が解き、学習が進んでいきます。

しかし、先日真逆のことが起きたのです☝

 

 

 

ある日、小学生のAちゃんは早めに塾に来て、

授業が始まる前の机で何やら書きものをしていました✍

 

 

「学校の宿題でもやっているのかな?」と思って声をかけると

「先生!ちょっとまだ見ないで!」と言われてしまいました・・(笑)

 

 

「何だろう?」と思って授業準備をしていると

Aちゃんが

 

「先生!問題です!ジャジャン!」

 

と言って先ほど書き付けていた紙を見せてくれました✍

その紙にはなんと・・

 

 

 

 

 

算数と社会の問題が書いてあったのです・・!笑

 

 

自分から問題を作ってきてくれたことが

とても嬉しかったのですが、それ以上に心を動かされたのが、

「逆算」の問題が入っていたことです

(□の入った計算を「逆算」と言います)。

 

 

これは、私がAちゃんの指導を長くしてきたからこそなのですが、

Aちゃんは去年から長らく逆算の問題が苦手で

授業や宿題で扱った問題で「わからない!」と口にすることが多かったのです。

しかしそのAちゃんが逆算の問題を作ってきてくれたのです😆

 

 

普段問題を出す側だからこそわかることなのですが、

問題を作るということは、その単元をしっかりと理解していないといけないのです。

その単元を本質的に理解し、俯瞰した視点から具体的な例として問題を出すのです。

Aちゃんが逆算の問題を出してくれたということは、

逆算の単元を本質的に理解しているんだな!と思い、とても嬉しく思いました🌟

 

 

 

私はAちゃんが出してきてくれた問題を解き、

丸付けをしてもらいました。丸付けをしてもらう際にも、

「ちゃんと理解できているなぁ!」と実感することが多く、

とても嬉しかったです。

 

 

残念ながら社会の難問(?)は正解できなかったのですが(笑)

苦手を克服し、自信を持っているAちゃんを見て

こういう機会をもっと増やしてあげないとな、と思いました💡

 

 

苦手を克服することが一番の自信につながり、

自信は高い目標につながり、

高い目標は夢の実現につながります。

このこと日々改めて意識して、

生徒さんの夢のために尽力したいと強く思わされました!

 

 

ちなみに、このブログを書いている午前中に、

学校がお休みの中学生が自習にきました!

自分の夢の実現のために、頑張ってくれている姿に、

こちらも襟を正される思いです。

 

 

 

さて、Aちゃんにはもう一つの苦手単元として、「分数の応用問題」がありますので、

早く分数の応用問題を私に出してきてくれるよう、

わかりやすい説明を続けたいと思います!

 

 

 

===
「友だち登録」でブログの更新情報や無料の理科実験教室などの
イベント情報をLINEで通知します!

 

友だち追加