世田谷校 Freewillブログ

「先生、面談してください!」

こんにちは!

世田谷校の井口です。

 

このブログでもたびたびご紹介していますが、

Freewill学習塾では定期的に

 

「生徒面談」

 

を行っています😊

 

生徒面談では、生徒さんの最近の学校生活、悩み、勉強の状況などについて話します。

こちら側がしっかり生徒さんの状況を把握し、

適切なアドバイスやサポートをできるようにするためには、とても重要です。

 

そのため生徒面談の時期になると

「〇〇、ちょっと10分ぐらいきて~💡」

と私から生徒さんに声かけをさせてもらっています。

 

 

しかし前日、逆のことが起こりました。

 

 

最終コマの授業に行こうと教室に向かっていると、

中学3年生の生徒さんが

「先生、面談したいです!」

と言ってきてくれたのです。

 

その生徒さんとは近々面談をしようと思っていたのですが、

その前に自分から言ってきてくれたので

「お、もちろん!でも今から授業があるから、待っててもらえる?」

と聞くと

「自習してるので、授業終わってからお願いします!」

と快く返事をしてくれました。

 

いつもこの席で面談をして、生徒さんのいろいろな声を聴いています!

 

 

授業が終わった後、その生徒さんと面談をしてみると

・志望校の相談

・志望校合格向けての定期テストの相談

(高校受験は定期テストも重要です!!)

・授業以外の時間をどう使うかの相談

など、様々な相談をしてくれました。

 

私は面談をしながら、

 

やっぱりこの子、変わったなあ!

 

とうれしくなっていました。

 

この生徒さんは、2年生の時は授業中に集中が切れることがしばしばあり、

講師から指導についての相談を受けることも多々ありました。

私自身も何回もその生徒さんの指導について考えをめぐらし、

試行錯誤していました。

 

しかし3年生になって、とても良い方向に変わってくれ、心配はなくなりました。

自分から課題を発見し、それに取り組もうとし、

自分で分からないことはしっかりと聞いてくれるようになってくれました。

 

この変化の理由はいろいろありますが、その一つに「受験」があると思います。

受験は、子供が将来のことや自分のことを本気で考える数少ない機会です。

自分の目標のために、自分の生活や行動を見直し

自分でその目標を達成するために走り続けなければなりません。

すなわち自分を律する、自律の機会なのです。

 

自習室も生徒さんでいっぱいです!

 

 

受験は批判されることの多い制度ですが、

生徒の自律という観点からすると、重要な機会です。

 

受験まで辛いと感じることもある数ヶ月かもしれませんが、

本気で自分と向き合った先に

喜び、成長、自信、感謝・・・

自分の人生にとって糧となることが待っています💪

 

受験のこのような重要性を我々も常に意識し、

生徒さんと共に走り続けます。

 

たくさんの子ども達の自律への変化を見逃さないよう

日々指導します✨

 
 

 

 

====

「友だち登録」でブログの更新情報や無料の理科実験教室などの
イベント情報をLINEで通知します!

友だち追加