Freewillからのお知らせ 恵比寿校 世田谷校 Freewillブログ 中目黒校 大学受験個別指導部

小学部 読書感想文のお知らせ

 

こんにちは、世田谷校の遠藤です。

 

先日ある生徒さんに勧められて『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメを観ました。

 

その中に、超能力者である涼宮ハルヒが、

夏休みに心残りがあり、超能力で夏休みをループさせてしまう

というエピソードがありました。

・ループ:何度も繰り返すこと

 

主人公は、夏休みのループを止めるため、

ハルヒがやり残したことは何なのかを探るという話でした。

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱』エンドレスエイトを観るのは“憂鬱”すぎる!?終わら ...

元々はライトノベルが原作のアニメです。

 

 

アニメでは、夏休みのループを表現するため、”ほぼ”同じ話が8週連続で放送。

(服装やカメラワークなど演出はすべて異なっていたようです。)

なんの前触れもなく、毎週同じ話が放送されて、放送当時の視聴者は大変困惑したようです。

 

 

 

ハルヒは超能力者なので「やり残したこと」があるからと夏休みをループさせていましたが、

当然ですが、私たちにそのような能力はありません。

 

やり直せない、1回きりの時間だからこそ、

日々やり残したがないように、

全力で毎日を過ごそうと、改めて思いました。

 

第2回読書感想文は『伝記』

 

さて、今回は2020年度、

第2回読書感想文についてのお知らせです。

 

第1回は初回ということで、

映画やアニメで有名なタイトルを読んでもらいました。

 

すでに頭の中にイメージのある状態で読書に取り組んでくれていた印象で、

どの生徒も本を親しみを持ってくれたように思います。

 

発表会では初めての子も頑張って発表できていました。

 

 

生徒それぞれに工夫がみられ、色とりどりでした。

 

 

 

中には、本の続きが気になって続編を夏休み中に読んでいる子もいて、

読むことの楽しさを実感できている姿を大変嬉しく思います。

 

 

今回の読書感想文では、

そんな本の世界に入ってきてくれた生徒さんたちにとって、

人生の参考書となるような読書体験をしてもらおうと思います。

 

テーマは【困難を切り抜けた偉人たち】です。

 

教科書では「何をしたか」だけにフォーカスが当てられ、

まるで聖人のように取り上られる歴史上の人物たち。

 

しかし、彼らは私たちと同様に、笑い、悩み、時に涙も流します。

メディアを通して、「何をしたか」という側面は簡単に知ることができる昨今。

「なぜそうしたか」「どのように感じたか」など、

彼らの偉業の裏に隠された行動原理を知ることで、

困難に直面した時に、諦めずにやり遂げるヒントを、

これらの本から得て欲しいと考えています。

 

 

小学3・4年生対象の6作品

 

 

 

小学5・6年生対象の6作品

 

本を読んだあともサポートしています

 

このイベントでは、読書感想文を書くことはもちろんのこと、

読んだ内容を人の前で発表する機会も設けております。

 

子供たちには、

将来、自分がしたいことを相手に協力してもらうために、

自分の思いを相手に伝えることが必要だと話しています。

 

しかし、いきなり読書感想文を書いてみよう、

発表用の資料を作成しよう、

と思ってもなかなか手をつけらないもの。

 

学校の夏休み宿題で、読書感想文がいつも後回しになってしまうのも、

何を書いていいのかをあらかじめ整理できていないことが原因だと考えられます。

 

 

そのため、Freewill学習塾の読書感想文のフォローでは、

感想文を書く前に本の内容を整理するための

「完成シート」というものを用意しております。

 

 

完成シートとは、

本を読み終えたあとに以下の三つについて振り返ってもらい、

ワークシートに記入してもらうというものです。

 

その三つとは

1.本のあらすじ

2.印象に残った場面

3.本を読んで思ったこと・考えたこと

です。

 

私たち大人の視点からすれば当たり前のことかもしれませんが、

小学生にとっては、文章の構成や作文の書き方はまだまだハードルが高いものです。

 

 

この完成シートですが、

夏休みに学校で読書感想文宿題を出された生徒さんが、

「学校の夏休み書く読書感想文のために欲しいです!」

と言いに来てくれるくらい、感想文が書きやすくなると好評のシートです!

 

そうした声がある一方で、前回の感想文作成の様子を観察していると、

3〜4年生にとっては「完成シート」の中に少し難しい部分があり、

作成に時間がかかってしまうということも見受けられました。

 

せっかく本に楽しさを感じてくれても、

読書感想文嫌いや発表会嫌いが増えてしまっては元も子もありません。

 

そんな思いから、

今回は新たに小学3・4年生専用の「完成シート」を作成いたしました✨

 

これまでのものよりもさらに細かく、書く手順が明確になっており、

中学年の生徒さんも取り組みやすくなっていると思います。

 

 

読書感想文や発表会資料を作成する際にとても役に立ちます。

 

 

 

こうした改善を行いつつも、基本的な流れはあえて変えずに、

生徒さん自身がその流れに適応していけるようになってほしいと考えています。

 

 

今回は夏休み明けということで、

学校という環境にまた適応していかなければいけない中、

子供たちにとって新たな読書感想文は少し荷が重いかもしれません。

 

しかし、長期的に読書感想文への取り組みを継続していくことで、

徐々に読書に慣れ、感想文に仕上げが速くなり発表も上手になっていきます。

 

 

ご家庭でもぜひお子さまとのコミュニケーションの一環として、

読書感想文の話をしてみてください✨

 

 


 

<Freewill学習塾 公式LINE@>

友だち追加」でブログの更新情報や無料イベント情報をLINEで通知します!
みなさん、ぜひ追加してください✨

 

友だち追加