恵比寿校 世田谷校 Freewillブログ 中目黒校 大学受験個別指導部

☆自由がもたらした効用☆

こんにちは。

最近、ネットフリックスで話題になっている

韓国ドラマ『愛の不時着』にはまっている世田谷校の遠藤です。

 

今回は、久しぶりの対面授業に戻ったことで気付いた、

オンライン授業を経験した生徒さんの嬉しい変化について

お話したいと思います。

 

春期講習での出会い

 

今年度より世田谷校に配属になった私にとって、

3月の春期講習は、新しい生徒さんたちとの出会いの場でした。

 

春期講習期間中、僕はYくんという生徒の授業を担当しました。

尋ねたことにはしっかりと答えてくれるし、

授業自体はスムーズに真面目に取り組んでくれるし、

授業が終わると宿題も塾で出来る限り終わらせて帰ります。

 

一見、どこにも心配するところがない生徒さん

しかし、私は彼が勉強を作業のように受け身でこなしている感じがしていました。

 

 

オンライン授業での再会

 

春期講習が終わったあと、私が次にYくんと授業をしたのは、

5月の1:2のオンライン授業でした。

 

久しぶりの再会だったので、

僕はまずYくんに家での生活はどんな感じか尋ねてみました。

 

すると、

 

「ゲームやったり友達とラインしたりYoutube見たりしてます。」

 

と相変わらず当たり障りのない返事が返ってきます。

 

続けて私は、

 

・Yくんにとって3月の春期講習はどうだったか

・学校休校期間で塾にも直接来れない日々が続いているがどう思うか

 

Yくんに感想を聞いてみました。

 

 

「春期講習は、1日に3コマの授業がほぼ毎日あってきつかったです。

 解けなかった問題の解き方は気になるんだけど、

 授業が終わってしまうと、どうしてもその感情が薄まってしまって。

 結局、家にいるとゲームしちゃうんですよね。」

 

 

Yくんは「わからないものは解決したい」という感情は持っているようですが、

自分から積極的に聞く、ということには、あと一歩が踏み出せない様子でした。

また、良くも悪くもオン・オフがあり、『家ではゲーム』という感覚が定着していました。

 

普段であれば、「家はゆっくり。塾で勉強。」と区切りをつけても問題ありません。

しかし、この自粛期間では「塾に来て自習」ができない状況。

いかに家でも自学自習ができるかがポイントになっている中で、

私はYくんに対して更に心配が募りました。

 

 

突然の異変

 

そんな彼でしたが、つい先日の授業で、何か様子が違っていました。

 

 

「先生!実は、今日宿題のところ以外に、勝手に予習をしてきました。

そこでわからなかった問題があるので、今日はそこを教えてほしいです。」

 

 

彼のこれまでの言動から主体的なイメージを持っていなかった私は、

一瞬、耳を疑ってしまいました。

 

 

「ええ!?いきなり予習までやってきちゃって、一体何があったの!?」

 

尋ねると、

 

 

「時間がたくさんありすぎて、ゲームとかも飽きちゃったんで、

 なんか勉強したくなっちゃいました

 

 

という返事が!

 

私はとても嬉しくなって、思わず顔がゆるんでしまいました

彼のやる気を削がないよう、彼のペースに合わせて発問を繰り返し、

自分で理解に辿りつけるように導きました。

 

実際の内容です。

 

「なるほど!」

「そう考えるんですね!」

「先生、理解できました!」

 

彼のテンションが上がってきたので、

わたしは次の単元もやらせることにしました。

 

 

その単元は二次方程式の「解の公式」

 

 

通常であれば、公式なので覚えるだけでもOK。

ですが、今回はYくんに公式の証明に挑戦してもらうことにしました。

 

先ほど解説した考え方を活かせば証明できるのですが、かなりの難問。

大部分の生徒が、解説を聞いても頭の中が?(はてな)になってしまう内容です。

 

しかし、いつもよりハイテンションなYくんは、

夢中になってその証明に取り組んでくれました。

 

 

適宜、ヒントや発問を通して、遂に証明が完成❗

がんばって解いた感想は・・・

 

「めちゃくちゃ面倒くさいですね」

 

と予想通りの反応😅

 

 

「そうだね、普通ならこんな回りくどい計算をしないけど、

 解の公式を使うと代入するだけで答えが出ちゃうんだよ。」

 

「そっか!公式になっているから使っていいんですね。便利!

 これを発明した人は天才ですね!😆」

 

 

少し前まで、授業や宿題に対して、

始終面倒くさそうなYくんだったからこそ出てきた感動の声でした。

 

 

 

その後、学校が再開し、塾も対面授業に戻ることができました。

現在はわからない問題に必死に向き合う姿を見せてくれています。

 

 

休校期間がもたらしてくれたもの

 

彼の変化を通して、私は休校期間のある効用に気づくことができました。

 

それは、時間的な拘束から解放された自由な時間のなかにおいて、

時に勉強はやらされるものではなく、やってみたいと思えるものになるということです。

 

やむを得ず与えられた余暇の時間が、

勉強に対する向き合い方をポジティブにしてくれました

 

休校期間をきっかけに起きた良い変化。

対面授業が始まっても、得られた変化・成長を忘れないように、

引き続き指導をしていきたいと思います。

 

 


 

<Freewill学習塾 公式LINE@>

友だち追加」でブログの更新情報や無料イベント情報をLINEで通知します!
みなさん、ぜひ追加してください✨

 

友だち追加